So-net無料ブログ作成

〝Sustina〟試作車だよ~ん♪♪♪ [車輛探訪]

去年の春に撮っていましたが解説が面倒で出し惜しんでいますたw この時は西武線内各駅停車に乗って練馬で降りたら側面が1両だけ違っているのが入っていたので気が付きました! 幸い停車時間が長かったので内外共に撮れました♪

アメリカのライセンス生産で1958年に始まり現在まで60年近くに及ぶ東急車輛~J-TREC(総合車輛製作所)のステンレスカーの集大成とも言うべきブランドとしてこれから大いに売り出そうとしているブランドです。


こうしてみると俗に言う〝走るンデス〟構造の他の新5000系とは側面だけでも違いが目立ちます! 一言で言えば〝ツライチ(面一)〟な感じで雨樋(内側に隠れています)や窓枠周辺に大きな違いがあり外板の光沢も増しています。

14.jpg

試作車は「サハ5576」で車番と共に車内には愛称名のプレートも貼ってあります。東急車両時代から新構造の試作車を1両だけ組み込むことがありました。

12.jpg

車内はこんな感じです!何と言っても巨大でエロイ形の袖仕切りが思いっきり目立ちます!! それと連結している曲線を描いた掴み棒とやたら分厚い荷棚が一体となって車体強度を増す構造になっているんだそうです。

11.jpg

荷棚の高さから狙ってみました。分厚い荷棚と〝ロールバー構造〟となった掴み棒・吊り手パイプのエロイ形が良く判ります。

13.jpg

在来車(右)との連結面です。何の情報も無ければどちらが〝新しい〟のか訳ワカメw 新しい〝Sustina〟の方が逆に連結面の外板のコルゲート(波状加工)が復活してネオクラシックな感じ!

15.jpg

ダッシュしてホーム端に行けば苦し紛れでも〝走行形式写真〟が撮れます♪ 玄人好み(謎)の違いが際立ちます♪

16.jpg

この試作車を経て、その後何故かJR東ばかりに量産車が登場しています(謎) 写真を撮って乗ったことがあるのは仙石線直通用ハイブリッド気動車HB-E210系だけですが広幅車体裾絞りなのでこの試作車のイメージからはかけ離れているし車内も同様だったと思います。

そして何と言っても山手線用E235系でも採用! 色々ゴタゴタしました(謎)がこれによって大量に新造されることは確約されました!こうなれば間違いなく価格も下がる? 〝他社〟に採用されるのはそれまでお預けかな? (最後の謎)

nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 4

としおちゃん

椅子の横が豪快だね~
by としおちゃん (2016-03-25 15:41) 

パノ

違いが分かる男には分かるんだね、凡人には外見は同じに見えます。
by パノ (2016-03-25 21:00) 

お倒産

としおちゃん
何とも不思議な格好w
by お倒産 (2016-03-26 02:35) 

お倒産

パノさん
ネスカフェオヤヂだよ~ん♪
by お倒産 (2016-03-26 02:39) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。