So-net無料ブログ作成
鎮魂(-_-)† ブログトップ
前の10件 | -

一番見せたいのは〝ご近所〟でわめいているあの太った〝ボ~ヤ〟だね♂ (激謎) [鎮魂(-_-)†]

賢島に先立ち〝広島のヒロシマ〟がドヤドヤしたようですが何事もなく、そして結構成果があったようで何よりです。でもどこぞの大国は政権が変わって万が一〝ツラ男君〟(謎)が大統領になっちまったら元も子もないねwww

広島.jpg

という訳で2013年12月、直近の訪問で撮った原爆ドームです。私は結構撮ってます。でも「資料館」は誠に恥ずかしながら行ってません。年末で丸3年になりますがいまのところ〝新ネタ〟に乏しいので今年中の訪問予定無しなんですが~。。。 (謎)

あれから5年・・・ [鎮魂(-_-)†]

「奇跡の一本松」・・・ここでは本邦初公開でしょうか? ストリートビューでもなければ拾い物でもありません。 2013年8月に気仙沼から陸前高田に向かうBRT車内から撮ったものです。黄色い崩壊しかけた建物は震災時に既に閉館していたユースホステルです。これも震災遺構として保存されるようです。 上部に避雷針の見える一本松は現在完全なモニュメントとなっていますが震災前のこの付近は一面の美しい松原だったそうです。

一本松.jpg

この付近、この後に地盤嵩上げ用盛土運搬用巨大ベルトコンベアが設置されましたが、あっという間に運搬が終わり現在は撤去。かなり周囲の雰囲気は一変していますね!

壊すことないのに、、、 [鎮魂(-_-)†]

国立競技場が解体を前に閉鎖されたと聞いて慌てて撮りに行った時のカットです。

国立競技場.jpg

至る所に1964年の思い出が刻まれていました! 知らなかったなぁ!? 今さら遅いですが「あやまち」を冒してしまいましたね。。。

あれから21年 [鎮魂(-_-)†]

阪神淡路大震災から21年。

以前は〝お屋敷〟の重厚な土塀と竹林の間を抜けていた阪急神戸線のSカーブ周辺も一変しましたが後方の阪急色のマンションは40年近く前と変わっていません。ちょっと気づきませんがSカーブも以前より緩和されたようです。

御影.jpg

崩壊した阪急三宮駅も線路より下は健在! 優雅な阪急のターミナルの雰囲気を伝える貴重な空間です。

三宮.jpg

都市型の大震災被害の怖さを忘れないようにしたいですね。

追悼三色照明 [鎮魂(-_-)†]

最近は世界中に訳ワカメな連中が徒党を組んで闊歩しているようです。これに比べれば「勝った負けた」の戦争の世紀の方がサッパリしていました。

追悼.jpg

という訳で東京スカイツリーのフランス追悼照明です。〝ライトアップ〟という言葉は似合わないので〝照明〟です。下から「赤」「白」「青」なんですが白は上の方が白いですね。もっと近くへ行きたかったけど怪社の近くで一番下が見えるポイントからで失礼します。

あれから30年・・・ご遺族も年老いて、、、 [鎮魂(-_-)†]

↑↑↑奥深い山中に異様な密度で張り巡らされたストリートビューの収録足跡は本日で30年が経過した「惨劇の現場」です。通称「御巣鷹の尾根」ですが地勢的には御巣鷹山より南ある高天原山(これまた何と言う神々しい!)の尾根のひとつです。少し前までは上野村中心を通る酷道299号線までしかなかったストリートビューがいつの間に山深い林道まで伸びていて驚きました。その林道の途中に初めて〝御巣鷹の尾根〟の道標を発見しましたがその林道のストリートビューは中途半端なところで途切れていましたが・・・そこから少し離れたところに↑の異様な形で山中を巡る収録地を示す青い線をがあるのを発見しました。東の端は駐車場になっており冬季以外は普通車で乗り入れ可能!そこが正式な登山口になっていました。やはりこういう場所が収録されたのはご高齢になったご遺族を思ってのことでしょう。

図の下部右端に位置するのが機首が最初に激突した場所「昇魂の碑」「暗線の鐘」などがある有名な場所です! 本日は大変な人出なんでしょうね。何も知らなければ〝恋人の鐘〟とかがある単なる展望台のようです。。。

昇魂.jpg

振り返って反対方向を向くと、これまた平和な風車♪ ・・・しかし、その奥に墜落時に最初に尾部が擦った跡〝U字谷(口)〟が今でもクッキリと残っているのが見えます!!

U字.jpg

昇魂碑の横にはこんな注意書きがあります♂ 逆に言えば「場所をわきまえない不逞の輩」が少なからず存在しているということ♂ その中には〝●人〟(激謎)も含まれている可能性大、、、でしょうね。。。

マナー.jpg

現場には身元の確認されたご遺体(一部も含む)の発見場所に墓銘碑が建っているということなのでストリートビュー収録もそれに沿っているものと思われます。この画像は「昇魂の碑」とは南北対照の位置、機体進行墜落方向の最北端の〝スゲノ沢〟付近です。標高的には「昇魂の碑」を超えてかなり下がったところに位置します。墜落した機体が破壊されながら沢にずり落ちたところです。尾部に乗っていた生存者4名が発見された場所もこの付近。墓銘碑の氏名がボカされているのがかえって不気味です。

2-J.jpg

〝2-J〟とあるのは大規模霊園の住所に相当するものなのでしょうね?

今日はこのネタを! [鎮魂(-_-)†]

急遽、ネタを変更しました!

御紋章.jpg

70年経ちました。。。

あれから20年・・・「惨劇の現場」です。 [鎮魂(-_-)†]

当時の私は実家から有楽町線~(有楽町=日比谷)~日比谷線のルートで痛勤していました。着いたのは確か・・・7時ちょっと過ぎだったと記憶しています。最近になって、ここで〝ブツ〟が車内からホームに投げ出され、その後に次々と到着した電車から乗客が降りたことで事件最大の被害者を出すことになったということが明らかになりました。

鎮魂.jpg

そういやこの駅そして走る車輛も当時と殆どすべて変っていません!それが数年後には全て車輛が入れ替わるんですね!!

場所当てクイズ [鎮魂(-_-)†]

細かくなくて結構です。ここはどの辺りでしょう?

何処?.jpg

撮影されたのは去年の今頃。つまり〝3年後〟です。

〝311〟の前の〝310〟 [鎮魂(-_-)†]

内容は「鎮魂(-_-)†」ですが同時に「まじめなわだい」です。

他に旬なネタは沢山ありますが、やはり本日はこのネタは外せません。本日の東京の天気は一発〝晴れ〟の予報は大外れ。流れ込んだ寒気の影響で都心周辺は厚い雲が拡がり時々ポツポツ小雨が降る始末w そして〝あの日〟と同じ北西の季節風も強くなってきました。

訪問したのは別の日ですが新聞記事をみて、余りに身近な所にある神社でした! 墨田区内にある「飛木稲荷」です。その名の通り、暴風雨の夜にイチョウの枝がこの地に飛んできて根を張ったというお話! 完全に冬枯れで神社に銀杏はつきものとはいえ独特の存在感があります!緑の季節にも行きたいですね。

1.jpg

実はこんな感じ!

2.jpg

そして能書き!!

3.jpg


そしてこれが70年を経て今に残る「戦争の傷跡」です!

4.jpg

何か、見覚えのある建物が!? あの〝岳マン〟ですwww ぢつわ・・・私が昼下がりに怪社を抜け出して(謎)出没するあの場所から何と徒歩でトホトホゆっくり2分!!!(激謎)

5.jpg

オマケですw

6.jpg

最近じゃあこの踏切でもドヤってます♂♂♂

前の10件 | - 鎮魂(-_-)† ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。